ファイハイブログ

嫁と0歳の息子と暮らす30代前半のサラリーマンのブログ。投資・勉強・購入品を中心に情報共有します。内容は35歳で脱サラを目指して経済的自由、時間的自由を確保するため実践したことに偏ります。

勉強 自己啓発

「多動力」を読んで − 行動の多さこそが大事

投稿日:2020年9月6日 更新日:

これからの時代に求められる行動の指針を示してくれる本。ホリエモンこと堀江貴文の考え方、働き方を交えて、これからの時代には行動の多さが自身の価値になることを示している。これからの若者、社会人にも自分のあり方を振り返らせる一冊。僕が特に大事な考えと思ったものを示していきます。

インターネットで専門性を容易に習得できる

インターネットには専門性を磨くための材料がたくさんあり、それを拾い集めることでエキスパートに簡単に近づけるということ。確かにyoutubeやオンラインスクールで簡単に学べる時代になったと実感している。寿司屋の技術は寿司屋に弟子入りし何年も学ぶ必要があったが、今や必要な知識をインターネットで手に入れ、実践を積み重ねお店を構える人もいるそうだ。

行動を多くとったものが新しい価値を生み出す

そんな現代では一つの専門性に固執するのではなく、複数の専門性を持った人間になることで、新しい価値を生み出せる価値のある人間になることができる。

・1つの分野で1/10000の存在
(伝統工芸の職人さん)
・2つの分野どちらでも1/100の存在→1/10000の存在
(英語通訳者+京都観光知識→スーパーガイド)

個人的には色々な知識があって、自分の幅が広がっていくことを大事にしたいので後者のアプローチの方が自分もしっくりくる。この考え方の面白いところは、どの分野での専門性を持つかの組み合わせで、他人と差別化できることです。「自分が何者かになれる」しがない会社員の僕はこれが一番欲しい。

行動が多ければいいわけではない

注意しないといけないのが、ただ行動が多ければいいという訳ではないということだ。あれもこれも矢継ぎ早にやるのではなく、ある程度のやり込みが必要になります。

飽きたらやめて次へ

そう聞くとやりたくないと思う人もいるかも知れませんが、まずやってみて、飽きたら別のやりたいことに挑戦してみればいいだけです。多動力の始まりは興味と好奇心。ポイントは実際にやってみて判断することです。浅く学んだ知識でもどこでつながりを持って価値を生み出すかわかりません。

まとめ

この本から僕が学んだ姿勢ですが、失敗してもいいので行動を多く挑んでいこうと思います。最後にざっくりまとめです。読むことで自分を奮い立たせることができるかと思います。
 ・インターネットで専門性を簡単に学べる時代
 ・専門を複数持ち新しい価値を生み出せる人間になる
 ・専門の習得にある程度やり込み必要
 ・飽きたら無理せず次の興味があることにすすむ


-勉強, 自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【株】有望銘柄の発掘方法をyoutubeで勉強してみた

1.はじめに スイングトレードをメインでやっていた僕ですが、長期投資について勉強してみようと思いました。動機はざっくり下記 ・当てればリターンが大きい・企業分析の根拠を持った投資であること・スイングト …

株投資歴2年の僕が初心者にお勧めする株の本

はじめに 株式投資のはじめの一歩は株を買うことですが、その一歩を踏むことはなかなか勇気がいることです。僕も始めるときは損をしたらどうしよう?利益をどうしたら出すことができるのだろうか?といったことを考 …

「人生攻略ハンドブック」を読んで −どのスキルに投資するのか、それが問題−

会社に行きたくない、自由な時間が欲しい、でもお金必要。どのようにしたら、不安なく会社を辞めることができるか知りたい。そんな人にやり方を提示してくれる本。 僕もそんなサラリーマンですが、そこから脱出しよ …

no image

ブログに貼る画像が重かったので、画像圧縮を試して見た

はじめに 以前、友人に携帯でブログを見せる時、画像がなかなか開かなかったことがあります。正直、開くのを待つ間にもう開かなくっていいやという気持ちになりました。自分のブログを見にきてくれた人もページの画 …

no image

【読書】「金持ち父さん貧乏父さん」を読んで、考えてみた

はじめに 「金持ち父さん貧乏父さん」のレビューです。この本には学校では教えてくれないお金についての知識が書かれています。本当の資産とはどのようなものなのか、お金持ちのなり方を説明してくれます。この本を …